オルタナバンド「X Ambassadors(X・アンバサダース)」オススメ5曲

気分を上げてくれる儀式的な音楽。

今回は、X Ambassadorsのオススメ曲を紹介します。

X Ambassadors(X アンバサダース)


X Ambassadors, Jamie N Commons – Jungle

この曲がビルボードチャートに流れてから聴き始めました↑↑↑

儀式的な音楽って書いたけど、

それは下に貼った別バージョンを見れば、

分かっていただけるはず!

試合の前にこの曲は、気持ちが高ぶると思う。


X Ambassadors, Jamie N Commons – Jungle (The Game Before The Game)

X Ambassadorsって?

メンバーは、

ボーカルとキーボードが兄弟で、

ギターは幼稚園からの幼馴染。

大学在籍中に3人で始めて、

2006年にはドラムと出会っている。

Sam Harris (lead vocals, guitar, saxophone)

Casey Harris (keyboard)

Noah Feldshuh (guitar)

Adam Levin (drums)

ケーシーさん(key)は盲目で、

今回紹介するPV以外に、

障害を持った人のことが

描かれているものもあります。

2009年頃のバンド名は、

Ambassadors(アンバサダース)。

ファーストアルバムを自主制作して発表。

その中のこの曲が


X Ambassadors: Unconsolable – Unplugged – AltarTV

イマジン・ドラゴンズ(Imagine Dragons)の

目に止まったことが、メジャーレーベルと

契約するキッカケとなる。

(2012年に音楽出版契約に署名)

公式チャンネルのPVもカッコイイから是非!

X Ambassadors – Unconsolable – YouTube

イマジン・ドラゴンズの曲も一曲だけ!

Imagine Dragons – Radioactive – YouTube

Xをバンド名に加えて活動。(2013年)

(通称 X・A)

どの曲も好きなんだけど、この曲が一番!


X Ambassadors – Love Song Drug Song | Sofar Austin

会場ってか、家での演奏!?

いい音楽がこんなに近くで聴ける

って気持ちいいだろなぁ〜

サックスもいい!!!

このくらい近い距離で聴きたい!

次に紹介する曲も、何回も見返した。

少し考えてしまう歌詞になっている。


X Ambassadors – Unsteady

英語がわからなくても、PVから伝わってくる。

テーマは「子供が親から受ける影響」。

親がケンカしていることは、子供は気付いてる。

子供がどう表現するかまでは描かれていないけど、

二人の仲を取り持つような行動になっていくはず。

親になった二人に言えるのは、

許してきたからこその「今」がある。

子供がいるかいないかに関わらず。

最後はこの曲で!!!


X Ambassadors – Renegades (Lyric Video)

ではでは、また!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください