大切な人に会ったら、おもんぱかる

大切な人には、笑ってて欲しいです。

笑うって、いいですよね!笑

 

大切に思うからこそ、

「なんかいいことを言いたい!」

「役に立つアドバイスをしたい!」

 

こんなことを考えてしまうけど、

一緒にいる時間には笑ってて欲しいです!

 

対面で話せること。

メールで話せること。

電話で話せること。

 

言葉を使ったやりとりでも、

どんな環境で、どんな気持ちで、どんな体調で・・・

 

話すとは言っても、自分の感じる環境で

受け取り方は変わってしまいます。

 

こうしてブログに書いている言葉と、

あなたと会って話す言葉では、違うでしょう。

 

<書き言葉>と<話し言葉>は違います。

 

書き言葉は、記録として残るので読み返せます。

話し言葉は、記憶として残せますが、流れゆくものです。

 

書き言葉と話し言葉の

大きな違いは「速さ」、

「間(ま)」です。

 

笑ってしまう時には、速さがあります。

 

パッと言ったのが、

パッと返ってくる感じですね。

 

 

LINEなどでも、速い返しができます。

電話で話しても、速さはあります。

 

それでも、表情まで見えません。

 

相手の表情から無意識のうちに

感じ取るなにかがあります。

 

だからこそ、

直接会って話す時間を

大切にしたいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ここで!

「大切な人に会ったら、おもんぱかる」

です。

===============

「おもんぱかる」とは?

===============

おもいはかるの音変化。

お も ん ぱ(pa) か る。

 

辞典を引くと、よくよく考える。おもいはかる。

と、出てきました。

 

漢字では< 慮る >と書きます。

 

人の気持ちに寄り添って考えること。

相手に注意やもてなしの心を向けること。

 

書いて伝える時は、相手のことを考えます。

この文章を読んで、なにかひとつでも感じて欲しい。と。

 

自分なりに相手を慮って、書いています。

(どこまで伝わるかは、わかりませんが・・・)

 

最近、大切な人と過ごしている時に、

おもんぱかることを考えていました。

 

どうしたかといえば、

 

「思いっきり笑ってもらう」

 

伝えたいことはたくさんある。

それよりも、笑っててほしい!

 

なにを言われてもいい。

楽しくて、疲れたらいいさ!ぐらいに思って、

全力で、おもんぱかる!

==============

「おもんぱかる」とは?

==============

おもんぱ(pa)かる。

言葉は知っていましたが、

おもんば(ba)かる。

だと思っていました。

 

意味を少し知って、

「慮る」の意味を噛み締めてみよう。

と、思いました。

 

人それぞれ、「慮る」に

持たせる意味は違います。

 

自分が一方的に良かれと思ったことではなく、

大切な人の気持ちに寄り添って心を向けること。

 

それが「慮る」ということです。

 

あなたが大切な人に会う時、

どのように想い、慮りますか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください