環境が変われば何か変わるのか?このままでいたい。そのままでいなよ。

人生を変えたい。自分を変えたい。

何かを変えるなら【環境】から

って聞くけど、実際はどうなの?

ってことで、

今月で仕事を辞める。

で、来月は千葉に行く。

この記事>でも書いたけど、不安ばかり。

現実は厳しいと気付いた1週間前。

変えたい、それだけ。

今月も残すところ1週間。

来月からは、上京だ!と意気込んでいたけど、

なーんにも決まっていないという状況。

変えたいって想いだけ。

「このままでいたい」って思う気持ちは誰にでもあって、それをコンフォートゾーンとか呼ぶし、「そのままでいなよ」って心配してくれる人もいる。その人たちをドリームキラーと呼ぶ。(自分が一番のドリームキラーになりそうな気もする。)

このままでも大丈夫という安定感。

変わらなくても、生きていける安心感。

「このままなら何も変わらないから!」

変えたいって気持ちがあったとしても、

勢いだけで移住するって、なかなかハードル高め。

自分の持ち物だけは減りました。

モノがなければ、身軽だし、移住も手軽!

そのくらいの気持ちだったけど、

モノが少ないってめっちゃいい!!!

本と書類関係の処分には、時間がかかるってのは体感した。

ほとんど使わないのに持っていた保証書とか、箱とか。

そんなゴミを、よくもまぁ 持っていたなって感じ。

あ、服・・・か、忘れてた。

「移住」って漢字は知ってます?

ウィキペディアには、こう書かれています。

移住(いじゅう)とは、他の場所に永住することを目的として、ある地域や国を離れる行動である。移民と同義であるが、こちらは祖国を離れることを言う。人が移住を選択する要因は多くあるが、要因は、「引かれる」要因と「出る」要因の2つに大別される。より良い経済的機会やより良い気候条件を求めることが「引かれる」要因の例である。一方、貧困への恐怖や宗教的、政治的差別が「出る」要因の例である。

とりあえず移り住むってことは、わかってたつもり。

今、住んでいるところから、別の土地へ。

・・・・・。

住むところの心配とか、

どうするとか全く考えていなかった。

僕は、気付きましたよ。

敷金礼金が払えないことに。

1週間前だというのに、楽観的に見ていた。。。

ま、マンスリーマンションもあるし!?

「1ヶ月、4万くらい?」

そのくらいに見ていました。

が、、、

・・・いやいや、こんな高い!!?

普通に家を借りるより、高いです!

しかも、光熱費が固定で800円?

「たっけぇぇぇ・・・・・」

マジ びっくり!

移住って、次に住むとこを決めるって作業もあるんです!

問題となるのは、お金ばかりですね。

うんうん…うん。。。

お金を言い訳にするってやめたい。

トントン拍子でうまくいく!

なんて現実的に考えてないわけで。

スムーズに進んでいるように見える人でも、

見せ方がうまいだけってこともあるはず。

僕も、移住して、「ほら、こんなに良くなったよ!」

なんて・・・見せ方次第ではできるかも!?

実際は、最初の頃はキツイこともたくさんあるだろう。

それでも、変えたい。

変わるかどうかだって分かんないけど、行きたい。

トントン拍子で上手くいかないからこそ、

そこにはドラマが待っていたりして?

・・・ないか。期待せずにいきます。

環境を変える

自分を変えるには、どうすればいいか?

・付き合う人を変える。

・環境を変える。

・判断を変える。

どれも共通して、価値観を変えるって話。

別に環境を変えなくても、

価値観が変わればいいと思ってたけど、

だらけるし、継続できないし・・・

ダメな自分ばかりが目につくもの。

やっぱどうなろうと

環境を変えるしかないと思うわけですよ。

で、「なんで千葉?」ってよく聞かれる。

「なんとなく好きだから」

・・・他に理由がない。

環境を変えるって不安ばかりが出てくる。

けど、不安ってことは

変わらないといけないということでもある。

環境に適応するのが、人間だし。

日本で生きていて飢えで死ぬとも考えにくいし。

生きるか死ぬかって問題でもないのに、不安。

こんな時に、心配されるって困る。

不安な時って、誰かに相談したいとか思うけど、

どうするかは自分の問題でしょ?

だから、相談はしない。

応援してもらえるのは、嬉しいけど。

なんか距離を感じる。なんでだろ?

一番嬉しかったのは、

好きな人がふざけてくれること。

なんかやる気が出るから、不思議だ。

どうなるか分からないけど、

なんとなくを大事に追い込みをかけます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください