【最高の読書体験】小説編

本を読む人は、最高の読書体験をしている。

読書の習慣がある人は、間違いなくしているはずだ!

そう思うのですが、普段から本を読む人・・・

どうですか?オススメの小説があれば教えてください。

今回は、僕が読んできて、

「これは面白い!」と自信を持って

オススメできる本を2冊、紹介します。

最高の読書体験

僕は、中学生になった頃に読書にハマった。

金城一紀さんの「GO」がきっかけだったかな。

金城一紀さんの本は、すべて買って読んだ。

「レヴォリューションNo.3」も面白かった。

そのあと、ダン・ブラウンさんを知った。

「ダ・ヴィンチ・コード」は、どハマり!

読んだ本が、映画化されるのは嬉しかったけど、

本の方が面白いって思ってた。

最高の読書体験がある人は、今も読書を楽しんでいる。

逆に言えば、その体験がない人は本を読んでいない?

それなら「最高の読書体験」ができる本を読めば・・・

まずは1番好きな小説から

1番は、何と言っても・・・

「カラマーゾフの兄弟」(新潮文庫)です!

これは、上・中・下巻の3巻あります。

出版社によって、訳者も違えば、巻数も違います。

新潮文庫では3回読みましたが、3回目が一番だった。

kindle版で違う訳も読みました。

知らない言葉も多かったので、検索しながらでした。

個人的には、新潮文庫がオススメ!

カラマーゾフの兄弟というと、

イワンが語る「大審問官」が有名です。

「神がいなければ、すべてが許される」

この一言に集約されますが、他にもイワンがアリョーシャに語った子供の話や父親の話など、見所がありすぎる。

しかし・・・

ロシア文学は、読みづらい!?

なぜって、名前の呼び方が変わる。

同じ人でも、状況によって変わる。

アレクセイが、アリョーシャに?

イワンが、ワーネチカに?

親しみを込めて呼ぶときと、

ヨソヨソしいときでは呼び方が違う。

とか法則性もあるけど、わかりづらい。

この作品に関していうと、宗教色が強い。

思想的だけど、恋愛も絡む。

いろんな面があるし、難解なんですね。

だから、オススメしても読みきれる人は少ない。

読むときは、ウィキペディアで流れを把握しながら読むと面白いです。

僕自身、3回目に読んだときは、

wiki参照しながらでしたが最高に面白い・・・

過去最高に面白かったし、また読み直す作品です。

が、オススメはしづらいです。

好きな人は、かなり好きな作品でしょう。

ネタバレOKで読むと、さらに面白い!

人が死なないミステリー?

ミステリー小説といえば、誰か死にます。

ですが、死なない物語で最高に面白いのもあるんです。

楽園のカンヴァス!

これは、絵画が好きならドツボにハマる!!!

実際にある作品も出てくるし、文章も引き込まれるし、綺麗!

絵画が好きじゃなくても、楽しめる。

知らない絵画が出てきたら、僕はググった!

【楽園のカンヴァス】で検索すると、

もっとわかりやすいのがありました。

retrip.jp

この本は、純粋に楽しめるし、読んだ後も「あれってどうなの?」と、現実にあるものなのか気になってしまうという、読後も楽しめる内容になっています。

「美しいミステリー」とも言われています。

オススメです!

あなたのオススメ本を教えてください

1回でも【最高の読書体験】があれば、

本を読む習慣ができると思います。

読みたいとは思ってるけど・・・

って人は手にとってみてください。

まだまだ面白い本はたくさんあります。

読みたい本もたくさんあって、

死ぬまでに読みきれる自信がありません。

面白い本を知ってる知り合いが増えたら、

もっと面白い本に出会える!

そう思うんです。

なので、

コメントでもFacebookでもなんでもいいので、

「最高の読書体験はこの本でした!」と紹介してください。

あなたの最高の読書体験は、どんなでしたか?

P.S.

この記事の画像は、本が並ばない本棚です。

最近、本をほとんど手放した記念に撮りました。

約500冊あって、35000円くらいになりました。

本の整理を始めて、5日目に「そ〜りゃ!」

って全部を箱に詰めました。

10数冊残して、手放しました。

Kindleでの読書生活が始まりました。

手元に残してまで、

読み込みたいと思った本はコレ!

コンテンツを作るなら、参考になる本です。

あなたの最高の読書体験、教えてくださいね!

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください